So-net無料ブログ作成

4月1日(月) 「安倍失政」を隠ぺいするために最大限利用されている「改元ファッショ」のから騒ぎ [元号]

 新しい元号が発表されました。「令和」というのだそうです。
 4月中はまだ「平成」という古い元号が使われますが、5月1日からは「令和」という新しい元号が用いられることになります。
 「平成最後の」という枕詞に代わって、これからは「令和最初の」という言い回しが慣用句になることでしょう。耳障りなわずらわしさが、まだしばらく続きそうです。

 今日の『毎日新聞』の「風知草」に、山田孝男特別編集委員の「『乱政』改めざれば…」というコラムが掲載され、「年号(元号)毎日改むと雖も、乱世が改めざれば何の益かあらん」という藤原定家の言葉が紹介されています。山田さんは「たとえ元号を毎日変えたところで、乱れた政治を改めねばどうにもならん、というわけである」と解説しています。
 続けて、「改めるべき課題」として、子どもの虐待や中高年の引きこもりを挙げ、「長い間に形成された社会のひずみであり、社会全体で改めねばなるまい」と指摘されています。また、「近代以降、改元後の日本は不安定だった」とし、「『平成後』も胸騒ぎがする、新元号に浮かれてばかりはいられない」と警告しています。
 「改元ファッショ」のから騒ぎに「浮かれてばかり」いる人々にとっては、聴くべき言葉ではないでしょうか。ただし、「改めるべき」は「乱世」であるというよりも「失政」であり、それを改めるのは「社会全体」というよりも政治の役割にほかならないのですが。

 藤原定家に倣って言えば、たとえ元号を変えたところで安倍政権による乱れた政治を改めねなければどうにもなりません。逆に、安倍政権はこの改元を最大限利用して、天皇制イデオロギーを強化し積年の失政を隠ぺいしようとしています。
 元号に対する国民の意識は多様で、「使わない」という人も増えてきています。日常の生活にとっては不便なだけで、次第に「無用の長物」になってきていました。
 今回の改元の機会を最大限活用して、安倍首相と保守派はこのような国民意識を逆転させ、関心を高めて元号の定着と使用拡大を図り、同時に天皇の権威を強めようとしてきました。自民党改憲草案にある天皇元首化への思惑や失政の現実を覆い隠して政権批判を和らげようとする狙いもあるでしょう。

 このような安倍首相の狙いを全面的にバックアップしているのが「改元キャンペーン」をくり広げているマスメディアです。とりわけ、NHKの放送内容は著しく公平性に欠け、公共放送としてのあり方を大きく逸脱し「元号ファッショ」とも言うべき世論工作を展開しています。
 今朝の7時のNHKニュースで前半16分も報道したのを始め、8時15分から午後6時まで生放送による特別番組が続いています。まさに、新元号をめぐるから騒ぎによる「テレビジャック」ではありませんか。
 国民の中には、元号そのものの存在に批判的な人、このような改元のし方に違和感を持つ人、天皇自身が語っていたようにもっと粛々とやるべきだと考える人、自分には関係ないという人、新元号などどうでも良いという無関心な人もいるでしょう。このように多様な意識があるにもかかわらず、あたかも高い関心を持ち歓迎している人ばかりであるかのように一色に染め上げてしまっている点で、まさに「ファッショ的」と言わざるを得ません。

 かつて日本が戦争に突入した時も、マスメディアは戦争反対の意見を無視して戦意高揚一色に染め上げられてしまったのではないでしょうか。多様な国民の意識をそのまま報ずるのではなく、批判的な意見を封じ込めて特定の方向に誘導するかのような報道の仕方に、大きな違和感と懸念を感ずるのは私だけでしょうか。
 ここにも、民主主義の危機があります。意識的にこのような「元号ファッショ」ともいうべき異常な状況をつくり出した安倍首相の罪は極めて大きい。
 こんなから騒ぎにはうんざりしていますが、せめて次のような声が国民の中から沸き上がることを期待したいと思います。元号も天皇も変わるのだから、この際、首相も変わるべきではないかという声が…。


nice!(0)