So-net無料ブログ作成

3月27日(水) 「大阪決戦」で「維新失墜」を実現し安倍首相に大打撃を与えよう [選挙]

 統一地方選挙の最大の注目点は、大阪での選挙です。ここでは、府知事選挙、市長選挙、府議会議員選挙、市議会議員選挙の4つの選挙が行われます。
 この4つの選挙の一つででも、大阪維新の会の候補者を落選させたり、議会の過半数獲得を阻止したりすれば、維新の狙う都構想を阻止することができます。

 とりわけ、府と市の首長選挙のどちらかでも落とせば、都構想が潰えるだけでなく「維新失墜」を実現し、この党を存亡の危機へと追い込むことができます。日本の政治全体に大きく影響する全国的な成果を達成することができるのです。
 これまで、維新は安倍首相の応援団として、他の野党が猛烈に反発した共謀罪法案に賛成するなど法案の成立に手を貸してきました。安倍首相を支えているのは、与党内では公明党、野党内では維新の会です。
 野党の一角を占めている維新の協力には、安倍政権の補完勢力として大きな価値があります。与党だけで強行しているのではないというイメージを生み迷彩を施すことができるからです。

 特に、改憲策動における維新の利用価値は大きいと言えます。憲法審査会での与党議員の協議に維新も加わることで、与党だけの暴走ではないという言い訳を可能にするからです。
 野党を分断し、与野党合意の外見を装い、与党独走への批判をかわすうえで維新の利用価値は大きく、これまでも存分に利用されてきました。
 もし、参院選で与党が3分の2の改憲議席を下回った場合、このような維新の利用価値はさらに高まるにちがいありません。当然、安倍首相もそのような援軍ないし補完勢力としての役割を期待しているでしょう。

 しかし、大阪での選挙の結果しだいでは、このような期待は打ち砕かれます。しかも、その影響は連鎖反応を起こす可能性が大きいのではないでしょうか。
 統一地方選挙の前半戦で「維新失墜」ということになれば、後半戦でも維新の勢いを止めることができます。後半戦と一緒に投開票される大阪と沖縄での衆院補選にも影響するでしょう。
 それは、当然、参院選に向けての野党共闘を勢いづかせ、1人区での共闘と勝利に向けての大きな波を生み出すにちがいありません。沖縄に続いて、大阪から日本の政治は変わります。

 というわけで、大阪に応援に行きたいところですが、今日から明後日まで、大阪ではなく鳥取に行きます。県知事選挙と県議会議員選挙の応援です。
 私の法政大学時代の数少ないゼミ生のパートナーが鳥取県議の市谷とも子さんで、今回も県議会議員選挙に日本共産党から立候補しています。以前、このゼミ生の塚田成幸君も鳥取市長選挙に立候補し、選挙の応援に行ったことがあります。
 その縁で、今回も鳥取まで選挙の応援に行くことになりました。福住ひでゆき県知事候補の宣伝カーに乗って街頭演説をしたり、公示日の29日には市谷とも子さんの出発式であいさつしたりすることになると思います。

 鳥取の皆さん、私を見かけたら声をかけてください。もちろん、応援する候補者の当選にもご支援・ご協力いただければ幸いです。
 また、ブログを更新できなくなると思います。帰ってきて再開するまで、しばらくお待ちください。

nice!(1) 

nice! 1