So-net無料ブログ作成

8月4日(金) 疑惑隠しとゴミ掃除、看板塗り替えで支持率アップを狙った内閣改造 [内閣]

 台に細工しているのではないかと疑われて客の入りが悪くなった安倍パチンコ屋が、疑惑を受けている台や動きが悪い台を入れ替えて目先を変え新装開店しました。これで客の入りが良くなるでしょうか。
 
 内閣支持率の急落に直面して慌てた安倍首相が、政権浮揚をかけて実施した内閣改造・自民党役員人事でした。「結果本位の仕事人内閣」と称して提出した閣僚名簿ですが、思惑通りにはいかなかったようです。
 問題を抱えるポストにはことごとく経験者が起用されました。しかし、加計学園疑惑で焦点となった文科相には、当初、大臣経験者の伊吹文明元衆院議長を想定し、ひそかに会談して就任を打診しましたが、固辞されたそうです。
 外相には、当初、岸田文雄外相の留任を想定していましたが、総裁選への思惑もあって構想が狂ったようです。外相選びは最後まで難航した結果、河野太郎衆院議員に決まりました。

 思惑通りだったのは、森友・加計・PKOの「3点セット」についての「疑惑隠し」という点だけでした。疑惑にかかわっていたとみられる松野博一文科相、山本幸三地方創生相と、改造を待たずに辞任した稲田朋美防衛相の3大臣を入れ替えています。
 南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題について衆院安全保障委員会での閉会中審査を8月10日に開催することになりましたが、稲田前防衛相の参考人招致については平行線のままです。隠すための改造でしたから、あくまでも稲田さんを隠し通そうとしているわけですが、それで疑惑が解明され国民の理解が得られると考えているのでしょうか。
 加計学園疑惑についても、外部の第3者による追加調査や加計考太郎理事長の国会招致が必要ですが、新任の林芳正文科相は追加調査について「現時点では考えていない」と答えています。隠すための改造でしたから予想された対応ですが、それで疑惑が解明され国民が納得するのでしょうか。

 今回の改造で、安倍首相は「骨格は変えないで人心一新を図る」ことをめざしました。しかし、骨格を変えなければ人心は一新できません。
 副総理兼財務相、官房長官、自民党幹事長の骨格は変えず、6人を初入閣させ、それで人心を一新させたという「印象」を与えようとしました。まさに内閣改造による「印象操作」ですが、変わったように見せて骨格も内実も実際には変わっていません。
 改憲姿勢についても「スケジュールありきではない」と述べて今後は自民党主導で進めるよう求めましたが、改憲の意図そのものは変わっていません。逆風が強まったから、頭を低くして突破しようと考えているだけです。

 本当に「人心一新」を図るためなら、内閣総辞職しかないでしょう。疑惑の核心には安倍首相夫妻がおり、国民の不信感と嫌悪感は安倍首相本人に向けられているのですから。
 自民党は安倍内閣とともに「心中」するのか、それとも安倍首相を見限って自らを守ろうとするのか、やがて決断を迫られる局面がやってくるのではないでしょうか。アベ政治の暴走が自民党支配を脅かし不協和音が強まってくれば、いずれ根本から民意を問うことが避けられなくなるにちがいありません。

nice!(1) 

4月21日(金) あまりにもひどい安倍逆走政権の驕りと独善 [内閣]

 目に余ると言うしかありません。あまりにもひどい安倍政権の逆走ぶりです。
 この間の国会審議などで、閣僚などの暴言や問題発言が相次ぎました。ざっと名前を挙げれば、金田法相、稲田防衛相、今村復興相、鶴保沖縄北方相、山本地方創生相、古屋自民党選対委員長などです。もちろん、安倍首相自身がその筆頭であることは言うまでもありません。

 辞任した政務官も2人います。務台復興政務官と中川経済産業政務官です。
 中川俊直議員は父親の中川秀直議員も女性スキャンダルで辞任しています。議員の椅子を受け継いだだけでなくスキャンダルまで「世襲」したわけで、まったく呆れてしまいます。
 国会審議が止まって、自民党は慌てました。早く離党届を出させようと躍起になっていますが、それで幕引きを図るつもりなのです。

 閣僚でも、辞任すべき候補者が山積です。国会で嘘ばかり言っている稲田防衛相、共謀罪についてまともな答弁ができない金田法相などは、早急に辞任すべきです。
 学芸員を侮辱して、その発言の全てが嘘だったことが判明した山本地方創生相もとっとと辞任するべきでしょう。イギリスの大英博物館について間違った発言をしていたわけですから、日本の名誉を傷つけ泥を塗った「国辱大臣」じゃありませんか。
 こんなにひどい状況になっても、安倍内閣の支持率はそれほど下がっていません。だからこそ、安倍首相はじめ大臣たちは平気で嘘を言ったり誤魔化したり居直ったりしているわけです。

 その理由は色々ありますが、制度的な背景は小選挙区制と内閣人事局の二つです。小選挙区制によって国会議員に対する党幹部の支配力が強化され、内閣人事局によって官僚に対する官邸の統制力が強められました。
 その結果、国会内と役所内での「官邸支配」が成立しました。自民党内でも、キャリア組と言われる高級官僚なども、首相官邸に楯突けなくなったのです。
 これが今話題の「忖度」を生み出す制度的な装置になりました。官邸の思惑を察知して先回りし、その意向を汲んで実現のために汗をかいて点数を稼ごうとする行動スタイルが構造化したために数々の疑惑が生じたというわけです。

 このような「忖度の構造化」に加えて、マスコミに対する恫喝と懐柔、野党の分断と民進党のふがいなさがあります。一部のマスコミは官邸の広報機関に変質し、安倍首相の応援団になってしまいました。
 野党の中でも日本維新の会は、与党よりも民進党を批判することに勢力を費やしています。野党が一致して与党を追及する形になっていないことが、安倍さんをどれだけ助けているか分かりません。
 内閣支持の多くは他の政権よりも良さそうだという消極的なものです。野党が明確な受け皿を提示できていない結果であり、野党第1党である民進党の責任は大きいと言わなければなりません。

 これに加えて、最近の内閣支持率回復の原因として注目すべきは、朝鮮半島危機の高まりです。トランプ米大統領は不人気を挽回する策としてシリア爆撃を敢行し、北朝鮮に対する軍事的圧力を強め、半島危機を煽っています。
 安倍首相も危機をもてあそぶ「瀬戸際外交」を批判することなく、トランプ大統領への支持を表明して日本国民の不安を高めています。もし朝鮮半島で戦争が勃発すれば膨大な死者が生まれ、日本は壊滅的な被害を受けるにちがいありません。
 日本にとって軍事的選択肢はあり得ず、戦争阻止のために命を懸けるべき日本の指導者が危機を利用するなどということは断じて許されません。攻撃される恐れがないアメリカと直接攻撃のリスクが大きい日本との違いを、安倍首相は分かっているのでしょうか。

 アベ暴走政治は、もはや議会制民主主義の破壊や平和への逆行をもたらす「逆走政治」へと変質しつつあります。その危険性はますます高まっているにもかかわらず、日本国民の多くはそのことに気づいていません。
 国民が直面している真の危機は、朝鮮半島にあるのではなく国内にあるのです。その危機を生み出している責任の一端は、安倍首相の暴走を黙認して甘やかしてきた国民の側にもあるということに、そろそろ気づくべきではないでしょうか。

nice!(1)  トラックバック(0) 

8月5日(金) 第3次安倍再改造「暴走加速」内閣の発足 [内閣]

 安倍首相は内閣改造と自民党役員人事を行い、第3次安倍改造内閣が発足しました。これまでの内閣と骨格が変わらないばかりか、これまでより以上に「エンジンを吹かせる」ことを狙った「暴走加速」内閣になっています。

 暴走を加速するだけではありません。安倍カラーを一段と強めて、右へと大きくハンドルを切るための布陣がなされています。
 それを象徴的に示しているのが、稲田朋美防衛大臣の起用でした。早速、中国や韓国のマスコミは「歴史修正主義の傾向がある強硬右翼の人物が抜てきされた」「憲法9条の改正を一貫して主張している」「保守的な政治信条は安倍首相に近い」と報じて警戒感を示しています。
 稲田さんが極右の改憲論者で靖国神社への参拝を繰り返してきた人物であることは海外でもよく知られています。そのことを安倍首相も知ったうえでの起用ですから、警戒感をもたれることも覚悟のうえで挑発しているようなものです。

 海外からの反応がどのようなものであるかを見極めながら、引き続き軍国化政策にそれを利用していくつもりなのでしょう。これまでも歴史認識や安保法の成立強行など挑発的な言動によって相手の反発や過剰反応を引き出して危機を醸成しつつ、逆にそれを口実にして軍拡と改憲に向けての条件整備を図ってきました。
 周辺諸国の反発も織り込んだ稲田防衛相の起用も、このような挑発手法の継続であるように見えます。周辺諸国による危機感の表明や反発の高まりなど、想定内のことかもしれません。
 しかし、それが想定内にとどまらず、対立を高めて関係悪化をもたらして中国や北朝鮮との偶発的な衝突や不測の事態を引き起こす危険性もあります。これまで稲田さんが繰り返してきたタカ派的な言動が国会で追及されることは明らかで、もし国務大臣としての立場や政府見解との整合性を図ることができなければ安倍政権の最大のアキレスけんとなるジレンマも抱えています。

 暴走の加速ということで言えば、参院選が終わった直後から、すでに始まっていました。沖縄県高江ではオスプレイの発着用ヘリパッド建設に向けての工事を始め、辺野古での新基地建設に向けての和解を破棄して裁判を再開して地上部分での工事を強行しようとしています。
 原発問題でも、再稼動と建設促進に向けての暴走が加速されつつあります。運転開始から40年になる福井県の美浜原発3号機について、原子力規制委員会は関西電力の安全対策が新しい規制基準の審査に事実上合格したことを示す審査書の案を取りまとめて再稼働への道を開き、山口県上関町では中国電力が建設を目指す原発について、県は建設予定地の海を埋め立てる工事の免許延長を許可しました。
 この原発を所管する経済産業大臣に抜擢されたのが世耕弘成さんです。第2次安倍政権発足時から官房副長官として「メディア対策」を担ってきた側近中の側近で、改憲団体である「創生『日本』」の副会長にして神道政治連盟国会議員懇談会のメンバーですから改憲・タカ派という一面も持ち合わせています。

 安倍首相は記者会見でこの内閣を「未来チャレンジ内閣」と名付けました。これは表の看板にすぎません。
 この看板の裏には「延長チャレンジ内閣」や「改憲チャレンジ内閣」と書かれています。自民党総裁としての任期延長や改憲への道筋をつけることを、ひそかに狙っているからです。
 8閣僚を留任させて骨格を維持しながら、派閥のバランスを考慮しつつ8人を初入閣させたのは入閣待望組など党内の不満を抑えるためで、岸田外相を留任させて石破さんを入閣させようとしたのは次期総裁候補を閣内に閉じ込める意図からで、二階さんを総務会長から幹事長に横滑りさせたのは総裁任期延長の工作を進めてもらうためでした。全ては「延長チャレンジ内閣」としての隠された目的を実現する布石だったと思われます。

 しかし、このような目論見がすべてうまくいったわけではありません。石破さんには入閣を断られて閣外に逃げられてしまいました。
 もう一つの問題は、任期延長のために起用した二階幹事長が「改憲チャレンジ内閣」という別の目標の足を引っ張る可能性があることです。二階幹事長は、BS日テレの「深層NEWS」に出演して、憲法改正について「急がば回れだ。慌てたら、しくじる」と述べ、「首相の政治的信条は分かるが、強引にやっていくスタイルは受け入れられない」と指摘しました。
 二階さんに対する安倍さんの期待は「延長チャレンジ内閣」としては指導力を発揮してもらいたいけれど、「改憲チャレンジ内閣」としてはあまり力を発揮してもらいたくないというところでしょう。このように、二階さんは改憲暴走へのブレーキ役になる可能性がありますが、しかし、それがどれほど効くかは走りだしてみなければわかりません。

 いずれにしても、これから大変、危険な運転が続くことは明らかです。スピードはますますアップし、ハンドルはさらに右へと回され、制御できずに道路から飛び出してしまうかもしれない乱暴な運転になるでしょう。
 しかも、参院選と都知事選を通じてブレーキの効きはますます悪くなりました。国会で改憲勢力が3分の2を突破し、維新の会の大阪府知事や市長に続いて核武装と改憲を主張していたタカ派都知事が生まれ、この都知事選を利用して在特会の前会長がヘイトスピーチを繰り返し、それと同調するような極右の防衛大臣が登場するなど、日本社会全体が右への傾斜を強めています。
 これにブレーキをかけて事故の発生を防ぐことができるのは野党と市民の共同であり、アベ政治の暴走加速にストップをかけることができるかどうか正念場を迎えています。都知事選の総括や民進党の次期代表選などをめぐって内輪もめを繰り返している余裕はないように思うのですが、いかがでしょうか。

 昨日、小池新都知事は自民党本部を訪れて安倍首相や二階幹事長と会って早々と「手打ち」を行いました。私たちが相手にしているのは、これほどにしたたかな相手なのです。
 それを上回るしたたかさを身に付けなければならないときに、力を合わせて共闘すべき人たちが互いに相手を批判しいがみ合うのは残念でなりません。このような姿を見て、安倍さんや小池さんはニンマリしているにちがいないのですから……。

nice!(0)  トラックバック(0) 

4月12日(火) 安倍政権の打倒こそ日本の安全と世界の平和を確保できる唯一の道だ [内閣]

 今の内閣は「戦争マニア」と「軍事オタク」によって率いられています。「戦争マニア」は安倍首相で、「軍事オタク」としてよく知られているのは石破茂地方創生担当相です。
 石破さんは次期総理候補の一人と目されている自民党の有力者です。この「軍事オタク」と「戦争マニア」である安倍首相の2人が政府中枢を占めているわけですから、日本の景色がカーキ色に染まり、空気がきな臭くなってくるのは当然でしょう。

 安倍首相は、安保法を戦争法と言われることを嫌っています。しかし、日本が攻撃された時だけとされていた条件を取り外して、攻撃されていない時にも戦争に加担できるようにしたのが安保法の内容でした。
 「専守防衛」の国是を破って海外でも戦争できるようにした法整備ですから、「戦争法」ではありませんか。そう言われたくなければ、「専守防衛」を厳守して海外では戦争できないような法体系を守ればよかったのです。
 しかも、このような海外での戦争に加担できるようにするための法整備を、憲法を変えずに解釈を変えることによって、強い懸念と反対を押し切り強権的な国会運営と多数による強行を通じて実行してしまったという、もう一つの問題があります。ここから、平和主義のみならず、立憲主義と民主主義の破壊という複合的な問題を生じさせてしまいました。

 こうして、アメリカの要請に応えて自衛隊員も血を流すリスクを引き受けるようになり、日米同盟は「血の同盟」として強化されました。安倍首相にとっては満足のいく結果でしょうが、国際的には日本がアメリカの走狗となったことを示し、国内的にはアメリカのために日本の若者の命を差し出すことを約束したことになります。
 これは、最悪のタイミングでの最悪の選択であったと言わなければなりません。IS(イスラム国)がアメリカを中心とした有志連合の国々に対する敵意を高め、北朝鮮もアメリカに対する対抗心をむき出しにして軍拡を強めているまさにその時に、アメリカを助けてアメリカと共に闘うことを世界に向かって宣言したようなものですから。
 その結果、日本の安全が高まり、世界の平和に貢献できるようになったのでしょうか。昨年の9月に戦争法が成立しましたがその翌10月、バングラディシュで1人の日本人が現地のIS支部を名乗る組織によって殺害され、北朝鮮は核実験やミサイルの発射を繰り返し、ICBM(大陸間弾道弾) の再突入技術や噴射実験を続けています。

 事実の経過は、戦争法の成立によって日本人の安全は低下し、周辺の安全保障環境はさらに悪化したことを示しています。戦争法による「抑止効果」などは、見る影もありません。
 そもそも、北朝鮮のような国や金正恩のような指導者に対して、「抑止効果」など期待できるわけがないのです。自らの軍事的冒険が引き起こす結果に対する想像力や理性が欠如している国や人物は、その結果を考慮して行動を抑制するようなことをしませんから。
 恐れるだけの理性を持たず危険を認知する能力を持たない相手に対して、いくら脅しても効果はありません。米韓合同軍事演習とそれへの対抗措置が示しているように、お互いに挑発と牽制を繰り返すことによって緊張関係を高め、やがては偶発的な軍事衝突を生み出す危険性を増大させるだけです。
 安全性を高めるためにとられる「抑止」手段が、結局は軍事的対抗のエスカレーションを引き起こして安全性を低めることになってしまうというのが「安全保障のジレンマ」と言われるものです。日米韓と北朝鮮との間で生じている軍事的対抗手段の応酬と緊張激化は、まさに「安全保障のジレンマ」に陥ってしまった典型的な姿にほかなりません。

 そこから、どうやって抜け出したら良いのでしょうか。これまでのやり方が逆効果だということがはっきりしたのですから、それを止めて違った方針を取れば良いのです。
 戦争法などによる戦争準備や軍事同盟の強化、軍事力の拡大などのハードパワーによってではなく、対話と交渉などのソフトパワーによる緊張緩和の方向に転ずるべきでしょう。そのためにまずなすべき最初の一歩が、掛け違えたボタンをはずすこと、つまり戦争法の廃止です。
 北朝鮮との関係で言えば、6カ国協議の再開をめざしてアメリカが無条件で北朝鮮との対話のテーブルに付く意思を明らかにしなければなりません。いつまでも意地を張り合っていれば永久に解決の糸口はつかめず、その間に北朝鮮の暴発など不測の事態が生ずるかもしれないからです。

 北朝鮮が軍事的に暴発しても、「勝利」することはあり得ません。世界の中での「援軍」は皆無で完全に孤立していますから、国家的に破滅するしかないでしょう。
 もし、そうなったら極東は大混乱に陥り、難民が押し寄せたりして日本も巻き込まれるだけでなく、多大な人命が失われます。このようなシナリオを現実のものにしてはならず、そうさせないためにどうするかという視点から解決の道を探るべきです。
 結局、唯一の解決は対話と交渉によって北朝鮮を国際社会にソフトランディングさせるという道だけです。そのために周辺諸国は力を合わせることが必要であり、日本としての最初の一歩はこのような外交路線を取ることのできるような政府を樹立すること、その最大の障害となっている安倍首相を退陣させることです。

 日本の安全と世界の平和のためには、「戦争マニア」と「軍事オタク」によるアベ政治を許さない新たな政権を樹立しなければなりません。安倍政権の打倒こそが、ISや北朝鮮からの脅威を免れ、日本と日本人の安全を確保することができる唯一にして最善の道なのです。

nice!(0)  トラックバック(0) 

10月18日(日) 第3次安倍改造内閣は「大惨事不安倍増」内閣ではないのか [内閣]

 第3次は「大惨事」で、安倍は「不安倍増」ではないのでしょうか。使い古されたギャグですが、今度の改造内閣こそ、それが最も当てはまるような気がします。
 10月8日付の「第3次安倍『意味不明』内閣の発足」というブログで、私は「最初から、期待されることを期待していないような顔ぶれ」だと書き、「危なくて使えない人ばかり」だから多くは交代させられないのだと指摘しました。どうやら、これが証明されそうです。

 今週発売の『週刊文春』には、「ああ『一億総活躍』という名の的外れ」という見出しが躍り、「『パンツ泥棒』の常習犯!高木毅復興大臣」「新政権の目玉河野太郎 脱原発はどうした?」「紅の新大臣丸川珠代がすがる『パワーストーン』」「馳浩文科相 本紙だけが掴んだ献金疑惑!」などの記事が続いています。また、『週刊新潮』でも、「『下着ドロボー』が『大臣閣下』にご出世で『高木毅』復興相の資質」「『暴力団』事務所に出入りの過去がある株成金の『森山裕』農水相」などと新閣僚のスキャンダルが報じられています。
 今回の改造で交代したのは、自民党の主要役員と内閣の閣僚24人のうちの10人にすぎませんでした。そのうちの高木、河野、丸川、馳、森山の5人が登場しています。
 なかでも、高木、馳、森山の3大臣については、その資質が問われるような重大な問題点が指摘されています。たった9人の新入閣大臣なのに、どうしてこのような「危なくて使えない」人ばかりを使ってしまったのでしょうか。

 この両誌に共通して登場しているのが高木復興相です。しかも、その内容は口にするのも書くのもおぞましいようなスキャンダルでした。
 高木さんは16日午前、これらの報道について記者団から首相官邸で事実関係を問われ、「今日はそういった場所ではございませんので、お答えを控えさせて頂く」と述べ、明確な答えを避けたそうです。事実無根なら、きちんと否定するべきでしょう。
 否定しなかったということは、約30年前に地元の福井県敦賀市で当時20代女性の自宅に合鍵を作って侵入し下着を盗んだと報じられている内容が正しいということなのでしょうか。「そういった場所」でなかったから答えなかったというのであれば、新ためて「そういった場所」を設けて事実関係を明らかにするべきです。

 また、森山農水相は「指名停止業者からの献金」と「暴力団交遊」という二重の疑惑を報じられています。政治資金疑惑という点では、前内閣で辞任した西川公也農水相と同じです。
 西川さんは辞任して責任を取りました。森山さんはどうするのでしょうか。
 これに加えて、暴力団との交際も疑われています。イエローカード2枚ですからレッドカードと同じで、責任を取って退場するべきです。

 このほか、『週刊文春』に「本誌だけが掴んだ献金疑惑」を報じられた馳文科相も、この疑惑について真相を明らかにするべきでしょう。そもそも、雑誌の対談で「体罰自慢」をしていたプロレスラー(馳大臣)とヤンキー先生(義家浩介副大臣)がタッグを組んで教育行政を担当するというのが間違いなのです。
 雑誌『正論』2008年6月号で、義家さんは「いじめの指導で放課後4時間教室から(生徒を)出さなかった時は他の教職員がハラハラしながら私の教室の外で見守っていて後で散々言われました」と発言し、馳さんも「私は高校のレスリング部の監督を務め、石川県で強化委員会をやってましたけど、私の高校はそう強いチームではなかったのです。ですから一週間に一本ぐらいは竹刀が折れていましたよ」と答えています。文科省就任後、馳さんはこのような過去の体罰について謝罪しましたが、義家さんは4時間も生徒を閉じ込めたことについて謝罪したのでしょうか。
 このような「指導」は教育とは言えません。こんな大臣や副大臣に教育行政を担当させて良いのでしょうか。

 「一億総活躍」という「新3本の矢」も「的外れ」ですが、このような不適格者ばかりを入閣させた閣僚人事も「的外れ」そのものです。第3次改造内閣が「大惨事」を引き起こさないうちに、とっとと倒さないと大変なことになるでしょう。

nice!(1)  トラックバック(0) 

10月8日(木) 第3次安倍「意味不明」内閣の発足 [内閣]

 第3次安倍内閣が発足しました。ひとことで言って、「意味不明」内閣です。
 最初から、期待されることを期待していないような顔ぶれになっています。「賞味期限」は来年7月の参院選までですから、それまで持てば良いと考えているのかもしれません。

 安倍首相は9月の自民党総裁選で再選されました。この機会に党の役員と閣僚を変えて人身を一新させたいと思ったのでしょう。
 しかし、「無理に人事をやるタイミングではなかった」という政府高官の声が伝えられているように、どうしてもやらなければならなかったというわけではありません。現に、改造は小規模にとどまりました。
 閣僚19人と自民党の役員5人の計14人のうち、今回の改造で交代したのは10人にすぎません。何故やるのか、「意味不明」な改造だったということになります。

 もちろん、自民党内には衆院で当選5回以上、参院で3回以上の「入閣適齢期」とされる人が70人を超えているそうです。これを減らさなければ党内での不満が高まるという事情もあったでしょう。
 しかし、新しい入閣者は9人にすぎず、依然として不満が残るものでした。安倍首相は「自民党は人材の宝庫だ」と言っていますが、それならどんどん交代させればいいじゃありませんか。
 実際には、そうはいきません。第2次改造内閣で3人の閣僚が辞任したように、危なくて使えない人ばかりなのです。

 それでも改造を断行したのは、戦争法案反対闘争で高まった安倍政治への反発と批判を和らげたいという狙いがあったからです。そのための「目くらまし」として、突然「一億総活躍社会」の実現というスローガンと「新3本の矢」という目標を打ち出しました。
 そこには二つの意味での「目くらまし」が意図されていたように見えます。その一つは、60年安保闘争の後、所得倍増政策によって政治から経済へという重点移動によって国民の支持を回復させた池田内閣をまねた「目くらまし」であり、もう一つは、新しい「3本の矢」を示すことによって、これまでのアベノミクスの失敗から国民の目をそらさせるという「目くらまし」です。
 しかし、2020年頃までに国内総生産(GDP)600兆円、20年代半ばに希望出生率1.8、20年代初頭に介護離職ゼロという目標は荒唐無稽で現実離れしたものです。「的」が遠すぎて「矢」は届かないということになるでしょう。

 党役員は全員留任で、閣僚も主要な部分はほとんど残留しました。新しい閣僚の顔ぶれもパッとしません。
 注目されるのは国家公安委員長で行政改革と防災担当を兼務する河野太郎さんですが、これまでの脱原発という主張を貫けるのでしょうか。矛を収めて脱・脱原発というようなことになれば、脱原発は単に入閣のための方便だったということになります。
 改造の目玉とされているのが加藤勝信一億総活躍相で、今回の改造に当たって安倍首相が打ち出した「一億総活躍社会」の実現を担当するのだそうですが、「意味不明」の最たるものです。実際には日本の人口は1億2685万人ですし、それを十羽ひとからげにして「活躍」させようというのは余計なお世話で、何が「活躍」なのかも分かりません。

 第2次改造内閣で打ち出した「地方創生」「女性の活躍推進」はどうなったのでしょうか。それがどの程度実現したのか、きちんと総括されていません。
 この時の「目玉」が古臭くなったから、「一億総活躍」にラベルを張り替えて目新しさを出そうとしただけなのではないでしょうか。これも「目くらまし」の一つです。
 しかも、達成年次は2020年代ということで、安倍首相の任期を越えています。目先を変えて期待を持たせ、来年の参院選さえ乗り切れれば実際に達成されなくても良いと思っているのかもしれません。

 国民も甘く見られたものです。アベノミクスの「3本の矢」で騙したうえに、「新3本の矢」でもう一度、騙そうというわけですから……。
 このような目論見を許してはなりません。「アベノミクス第2ステージ」は、経済成長によって得られた富を軍事力の増強へとつぎ込む、新「富国強兵」政策の「第2ステージ」にほかならないのですから……。

nice!(0)  トラックバック(0) 

8月24日(月) 安倍政権を揺り動かす激動の情勢が始まりつつある [内閣]

 前回の更新から、10日も空白が空いてしまいました。長い夏休みだったと思われるかもしれません。
 確かに、故郷の新潟に帰って骨休めをしました。しかし、その間にも雑誌『世界』の原稿を書く必要があり、それは帰京してからも続いていたのです。
 先ほど原稿を送り、ようやくブログを書く余裕が生まれました。この原稿は9月8日発売の雑誌『世界』に掲載される予定です。

 先週末の23日(土)~24日(日)には、神奈川革新懇の「第3回夏の泊まり込み研修会&交流会」で講演し、神奈川県の皆さんと交流してきました。これまでも講演などに呼んでいただいたことがあったり、県知事選での岡本一候補や県議選川崎区の後藤真佐美候補の応援などでもかかわりがあり、久しぶりにお目にかかった方も沢山おられました。
 知事選で一緒に横浜駅頭で街頭演説をした畑野君枝衆議員も駆けつけてきて、緊急国会報告をされました。夕方になってからさっと来られてさっと出て行かれたあわただしさにも、国会情勢の緊迫度が示されていたように思います。
 神奈川でも、「戦争法案」反対の運動が盛り上がっており、各地の運動の報告はどれも元気で活気に満ちたものです。相模原、鎌倉、横浜市の瀬谷区、神奈川区、綾瀬市、海老名市、伊勢原市などで党派を超えた共同行動が大きなスケールで発展しており、草の根での運動の拡大をまざまざと知ることができました。

 合宿の会場は湯河原町でしたが、湯河原町長があいさつに見え、その旅館のオーナーも9条の会の会員であいさつされました。この湯河原では7月に小林節さんの講演会が観光会館で開かれ、町政史上最高の450人が詰めかけて大きな話題になったそうです。
 また、横浜での若者のデモでは、当初の参加確認が200~300人だったのに出発時には600人になり、途中で増えて解散時には1400人にまで膨れあがったそうです。デモ申請の数を大きく上回って警備の手が回らず、警察に怒られたといいます。
 このような例は、おそらく各地で生まれていることでしょう。取り組みの姿勢においても、過去の運動の延長線上で今の運動を捉えてはならないということでしょうか。

 この講演でも話しましたが、これまで安倍政権を支えてきた2本柱が崩れ始めています。一本は安倍内閣への支持率で、もう一本は株価でした。
 このどちらも破たんし、急降下を始めています。内閣支持率は直近の調査で若干持ち直したようですが、株価の方は世界的な規模で大暴落を始めました。
 先日発表された第2四半期(4~6月)のGDP成長率がマイナス0.4%(年率換算で1.6%減)となったばかりでの株価の下落です。破たん確実と言われ続けていたアベノミクスでしたが、いよいよ弔鐘が鳴り始めたということになるでしょう。

 このようななかで、もう一つ、大きなニュースが飛び込んできました。オリバー・ストーン氏(米映画監督)やノーム・チョムスキー氏(米マサチューセッツ工科大学言語学名誉教授)、モートン・ハルペリン氏(元米政府高官)ら海外の著名人や文化人、運動家ら74人が22日、名護市辺野古の新基地建設計画をめぐる声明を発表したというのです。
 この声明は、同計画を阻止する鍵を握るのは、翁長雄志知事による埋め立て承認の取り消し・撤回だと主張し、「沖縄の人々は、知事が無条件で妥協や取引も全く伴わない埋め立て承認取り消しを行うことを求め、期待していることを明白にしている。我々は沖縄の人々のこの要望を支持する。世界は見ている」と述べています。まさに、沖縄での戦いを「世界は見ていた」のであり、強力な援軍の登場です。
 安倍政権は、日本国内の草の根の運動によって追い込まれているだけではありません。国際的な広がりをもった辺野古新基地建設反対の運動にも直面することになったのです。

 国の内外において、安倍政権を揺るがす激動の情勢が始まっていると言うべきでしょう。暴走阻止に向けての戦いが大きく盛り上がろうとしていますが、安倍首相の暴走には自民党の変貌という背景があります。
 この問題については、前掲の雑誌『世界』に書きました。9月8日発売の『世界』10月号の拙稿をご笑覧いただければ幸いです。

nice!(2)  トラックバック(0) 

7月13日(月) 「安保法案」を廃案に追い込み安倍政権を打倒し新たな民主的政権の樹立をめざそう [内閣]

 先日、久しぶりにハーバード大学教授のアンドルー・ゴードンさんにお会いし、お酒を酌み交わして旧交を温めました。早稲田大学での研究会でゴードンさんが報告され、その後、懇親の機会があったたからです。

 ゴードンさんとは、彼がデューク大学に就職する前で私も大原社研の兼任研究員だった時代からの付き合いですから、もう30年以上になります。その縁で、彼がハーバード大学のライシャワー日本研究所の所長をしていた時に客員研究員として留学し、大変、お世話になりました。
 ゴードンさんは、いま在外研究として京都大学に滞在しており、ひと月だけ早稲田大学に招聘されて東京に来ていたそうです。今回の研究会は「『失われた20年』の政治変容(2):日本型保守とジェンダー」というもので、4回にわたった研究会の最後に当たるものでした。
 4回の研究会のうち、前半の2回は鼻の手術で入院していために出席しできませんでした。いよいよゴードンさんの研究が現代史に焦点を当てるものとなり、それも「政治変容」や「日本型保守」を取り上げるというのですから、大いに期待しています。

 私は後半の2回の見解に参加したわけですが、報告とその後の議論を聞いていて、気がついたことがありました。ゴードンさんは「失われた20年」の検証に関心を持たれているようで、報告は大平内閣の政策研究会から始まりました。
 それから今日までの内閣の変遷を振り返ってみると、面白い「法則」があるように思われたのです。以後の「政治変容」は左右への揺れを繰り返してきたという「法則」です。
 もう少し詳しく言えば、「保守本流・ハト派・吉田」の流れと、「保守傍流・タカ派・岸」の流れが、一定の期間を経て交代するような形で入れ替わってきたということになります。簡単にいえば、左の後に右、そしてまた左へという変化が繰り返され、そのようななかで、軍事大国化、右傾化、新自由主義化が深まり、その行き着いた頂点が今の安倍政権だということになるでしょう。

 大平政権からの流れを見ても、その後の鈴木政権までは左です。中曽根政権で右に揺れ、竹下・宇野・海部・宮沢・細川・羽田・村山・橋本・小渕政権は、いずれも宏池会(旧池田派)や旧田中派の流れを汲み、その源流は吉田茂ですから左のハト派政権だったとみることができます。
 この後はまた右に揺れ、森・小泉・安倍・福田政権が続きました。いずれも旧福田派の流れを汲むタカ派政権です。
 麻生さんは吉田茂の孫にあたりますから、一応、吉田亜流とすれば、その後の政権交代で、鳩山・菅・野田の左派政権が続くことになります。そして、再び政権交代が起こって安倍さんの再登場となり、大きく右に揺れていることは皆さんが目撃されている通りです。

 以上の経過を見て、直ぐに気が付くことがあります。中曽根政権、小泉政権、安倍政権は、他の左の政権とは異なっていずれも長期政権の維持に成功しているということです。
 中曽根さんは1982年から87年、小泉さんは2001年から06年、そして、安倍さんは06年から07年の1年間と再登場した12年から今までをあわせて3年半になります。中曽根さんや小泉さんの例から言えば、あと1年半くらいは政権を維持できるということでしょうか。
 そして、以前のような「法則」が働くとすれば、その後には左への揺れが生じ、「保守本流・ハト派・吉田」の流れを受け継ぐ政権が登場するということになります。このハト派の流れには、旧田中派出身の岡田さんが率いている民主党も含まれます。

 このように、自民党政権においても、中曽根、小泉、安倍政権は「保守傍流・タカ派・岸」の流れを汲む特異な政権であることが理解できます。それが長期政権を維持できたのは、対米協調路線を取って来た保守本流よりも軍事大国化を志向する傍流の方が軍事分担を求めるアメリカにとって都合が良かったからであり、右傾化を強める社会意識の変化にも適合し、新自由主義的改革路線によって本流が担ってきた従来の保守支配の構造を打破する強い志向性を持っていたからです。
 しかし、それは憲法を前提とした戦後支配のあり方へのバックラッシュ(反動)でもあるため、平和志向の民意との乖離と衝突を避けられません。また、民主党の結成や第3極諸党の結成によって「保守本流・ハト派・吉田」の流れを汲む勢力が自民党の外に流出したために自民党内での「保守傍流・タカ派・岸」の比重がたまり、キャッチオールパーティーとしての性格がなくなっていきます。
 こうして自民党は右傾化を進め、極右政党としての性格を強めたために合意形成能力が失われていきました。そして、合意形成が難しくなればなるほど、さらに右派的イデオロギーによる国民統合を図ろうとして右傾化を強めるという悪循環に陥っています。

 中曽根政権、小泉政権、安倍政権と変遷するにつれて、軍事大国化が強まり、自衛隊の海外派兵の動きが具体化してきました。中曽根政権の時にもアメリカからペルシャ湾への掃海艇派遣が要請されましたが、旧田中派出身の後藤田正晴官房長官は「閣議ではサインしません」と迫って派遣を断念させています。
 しかし、小泉政権の時にはこのような抑止は働かず、イラク戦争の復興支援ということで自衛隊が派遣されました。そして、今回、自衛隊をいつでも海外に派遣するために「国際平和支援法」という恒久法が制定されようとしています。
 これ以外にも、「重要影響事態」や「存立危機事態」という認定がなされれば、自衛隊は米軍などの「後方支援」のために海外に派遣され、国連平和維持活動(PKO)でも自衛隊の活動範囲を拡大し、治安維持や駆けつけ警護などができるようになります。こうして、事実上の憲法改正がなされるほどに、右傾化が進行しているのが現状です。

 新自由主義化についても、中曽根政権以来の規制緩和路線の終着点が近づいているようです。それは、中曽根政権による「臨調・行革路線」として始まり、小泉政権による「構造改革」へと受け継がれ、安倍政権の労働の規制緩和路線によって総仕上げされようとしています。
 労働者派遣法の改定も労働基準法の改定も、共に原理的な転換を含んでいるからです。それは規制緩和の量的な拡大ではなく、派遣事業や労働時間についての質的な変化をもたらすことでしょう。
 派遣は「一時的・臨時的」なものではなくなり、「常用労働者」に対する代替がすすみ、正規労働者が派遣などの非正規労働者に置き換えられることになります。労働時間に対する制限が撤廃され、労働に対する時間管理という考え方自体が時代遅れであるとして否定されるにちがいありません。

 このような形で軍事大国化、右傾化、新自由主義化が進み、それに伴って自民党も変質してきた結果、自民党は社会の右側に集まっている一部の民意を代表するだけの部分政党に変貌しました。ここに、自民党内でさえ影の存在であった安倍首相とそのお仲間である日本会議や在特会と親和的な極右勢力が政権を担当できる理由があります。
 一部の民意を代表するに過ぎない部分政党が政権を担当できる秘密は簡単です。そのカラクリは小選挙区制という選挙制度にあります。
 昨年の総選挙で、自民党の絶対得票率(有権者内での得票割合)は、小選挙区で24.5%、比例代表で17.0%にすぎませんでした。自民党が代表する「一部の民意」とは、正確に言えば、有権者の4分の1から6分の1ほどにすぎないものなのです(詳しくは、拙著『対決 安倍政権―暴走阻止のために』学習の友社、をご覧ください)。

 もともと国民の少数の支持しか得ていないのに、選挙制度のカラクリによって「虚構の多数派」を形成することができたのが、いまの安倍政権です。この「虚構」が、安倍首相自身の暴走によって崩れ始めています。
 小選挙区制のカラクリによって隠されていた本当の民意が、集会やデモ、署名や声明、地方議会での決議や要請書、ツイッターやフェイスブックでのつぶやきや意見表明、そして世論調査での反対の多さや内閣支持率の低下という形で、はっきりと目に見えるようになってきました。「虚構」に対する「実像」の可視化です。
 国会での多数議席は「虚構」の上に築かれた「砂上の楼閣」にすぎません。安倍首相がこの「楼閣」を頼みにして民意に反する強行採決に出れば、たちどころに崩れ去るにちがいありません。

 そして、政権が左右への揺れを繰り返してきたという、これまでの「政治変容」の「法則」が働くとすれば、右派的政権に対する反発が生じ、次の政権は左へと揺れることになるでしょう。その「法則」を現実のものとすることができるかどうかは、これからの私たちの実践にかかっています。
 「安保法案」を廃案に追い込んで安倍首相に引導を渡すだけでなく、自民党内での政権たらいまわしを許さず新たな民主的政権の樹立に結びつけることがこれからの課題です。「政治変容」のレベルを安倍政権打倒から自民党政治打破、政権交代にまで引き上げることができれば、「安保法案」を粉砕する明確な展望が生まれるにちがいありません。

nice!(2)  トラックバック(0) 

7月6日(月) 「五面楚歌」で不支持率が支持率を上回った安倍内閣 [内閣]

 今日の毎日新聞に、安倍内閣に対する世論調査の結果が報道されています。内閣支持率は5月の前回調査から3ポイン減少して42%、不支持率は7ポイント増加して43%と、第2次安倍内閣発足後、初めて支持と不支持が逆転しました。
 安倍内閣の黄昏が始まったということでしょうか。国民の力で日没を早めて、とっとと地平線の向こうに追い落とさなければなりません。

 これに対して、菅官房長官は記者会見で「国家国民のために必要な政策を的確に説明し成立させ、国民の期待に応えていくのが政権与党、内閣の役割だ」と強調していました。しかし、「国家国民のために不必要な政策をまともに説明することなく成立させようとし、国民の期待に反しているのが政権与党、内閣の実態だ」と言うべきでしょう。
 いくら会期を延長しても、国民の理解が進むはずがありません。平和のために戦争しやすくするとか、日本を防衛するために外国を守るとか、安全を高めるためにリスクは当然だとか、誰が理解できるというのでしょうか。
 どんなに時間をかけても、存立危機事態や重要影響事態、武力攻撃切迫事態などの違いが分かるわけがありません。説明する方だって分かっていないのですから……。

 しかも、安倍政権は「五面楚歌」に陥ることになりました。その結果が、支持率の低下と不支持率の増大です。

 第1に、世論の多数は「戦争法制」に反対しています。毎日新聞の調査では、賛成が29%で反対が58%、今回での成立にも賛成が28%で反対は61%、説明が十分だという回答が10%で不十分だという回答が81%、この法案が憲法違反だと思うが52%で思わないが29%となっています。
 どの回答を見ても、政府・与党に反対する意見が多くなっていることが分かります。しかも、前回調査との比較では、法案への賛成が5ポイント減で反対が5ポイント増と、時間の経過によって賛成ではなく反対が増えました。

 第2に、憲法の専門家や学者の大多数は「違憲だ」としていることはご存知の通りです。憲法審査会の3人の参考人がそろって「違憲だ」と証言しただけでなく、憲法学者の大多数は「違憲だ」との意見を表明しています。
 「合憲だ」という学者は数人しかいません。その人たちも、以前は集団的自衛権を行使できるようにするためには憲法を変えるしかないと言っていました。
 今になって「合憲だ」というのであれば、「それなら、憲法を変える必要はないのか」と、問わなければなりません。解釈で憲法の内容を変えられるというのであれば、何も明文改憲という面倒でリスクのある手続きを取る必要はないでしょうから……。

 第3に、自民党の元幹部や防衛官僚のOBも反対を表明しています。古賀誠、加藤紘一、野中広務、山崎拓などの自民党幹事長OB、防衛庁長官官房長などの旧防衛官僚だった柳沢協二元内閣官房副長官補、外務省国際情報局長や防衛大学校教授を歴任した旧外務官僚の孫崎享さんなどの名前を挙げることができます。
 かつて政府・与党の中枢にいた人々が、このような形で反対を表明することがこれまであったでしょうか。このことは、自民党は変質してしまったということ、もはや保守政党とは言えないほどに右傾化しているということを示しています。

 第4に、内閣法制局長官の経験者も懸念を示しました。第1次安倍内閣での法制局長官だった宮崎礼壱さんや小泉政権での法制局長官だった阪田雅裕さんなどがそうです。安倍首相によって小松一郎さんにすげ替えられ、最高裁判事へと追い出された前内閣法制局長官の山本庸幸さんも記者会見で、憲法9条の解釈変更による集団的自衛権行使の容認について「私自身は難しいと思っている」と述べています。
 現役の横畠さんは「権力の番犬」になってしまったようですが、これらの人々は「憲法の番人」として警告を発していることになります。歴代の内閣法制局長官経験者がいずれも否定的な見解を述べているという事実の重みを、安倍首相はどう考えているのでしょうか。

 第5に、地方議会でも法案に反対や慎重審議などを求める意見書を採択する動きが続いています。6月28日現在で34都道府県の195議会になりました。
 「戦争法案」に反対するデモやパレードも、国会周辺だけでなく地方都市で開催される例が増えています。「戦争法案」に反対する動きが、全国津々浦々の草の根レベルにまで拡大していることを示しています。

 まさに、安倍政権にとっては「五面楚歌」とも言うべき状況になりました。「楚」の「歌」を歌う人々は確実に増え続けています。
 とりわけ最近の特徴は、若い世代での「歌声」の高まりです。SEALDs(Students Emergency Action for Liberal Democracy – s:自由と民主主義のための学生緊急行動)などの学生団体が立ち上がりました。
 高校生の運動も始まっています。若い世代がこのような形で運動に加わってきているところに、新たな希望の光を見出すことができるでしょう。

 政府・与党は会期延長によって「土俵」を広げることができ、「してやったり」と思っているかもしれません。しかし、「土俵」が広がったということは、たたかいの場と期間が拡大したということでもあります。
 この「土俵」を活用して、さらに安倍政権を追い込んでいくことが必要です。もっともっと内閣支持率を低下させ、「五面楚歌」の大合唱を安倍政権の「レクイエム」とすることが今後の獲得目標だということになるでしょう。

nice!(2)  トラックバック(0) 

2月25日(水) 安倍政権は「下り坂」にさしかかったのではないか [内閣]

 昨日で64歳になってしまいました。この年になれば、誕生日を迎えて年を取ることには複雑な思いがありますが、この世に生を受けたことに対してはいくつになっても感謝したいものです。
 フェイスブックなどで、「お誕生日おめでとう」のメッセージを下さった方に、この場を借りてお礼申し上げます。文章を書くのは基本的にこのブログに限っておりますので、いちいちご返事を差し上げませんが、ご了承いただければ幸いです。

 さて、通常国会が始まり、安倍首相は「改革断行国会」だと意気込んでいました。しかし、次々にボロが出て暗雲が垂れこめつつあるようです。
 昨年の解散・総選挙を峠として「下り坂」が始まったのかもしれません。その坂が長いか短いかは、これからの私たちの取り組み如何にかかっているということになるでしょう。

 「政治とカネ」の問題がまたも表面化しました。予想していた通り、西川公也農水相が政治資金問題についての疑惑をもたれて辞任したからです。
 第2次安倍政権になってから政治資金の疑惑が指摘された小渕優子経済産業相と、選挙区で「うちわ」を配布して公職選挙法違反で刑事告発された松島みどり法相に次ぐもので、わずか4か月で3人の辞任になります。関連する砂糖業界からの「甘い汁」を吸っていたことや国の補助金を受けていた企業からの資金提供に問題があったわけです。
 地元では「カネ持ってコウヤ」と言われていたほど西川さんはカネに汚い人だったそうで、第3次改造内閣で再任される前から身内企業による献金が明らかになっていました。西川さんは辞表提出後、記者団に「私がいくら説明しても、わからない人にはわからない」と言って居直り、「これ以上、国会審議に影響を及ぼすことはできるだけ避けたい」と言って辞任しました。

 この発言からも分かるように、献金を受け取ったこと自体についての反省は全くありません。「悪いことをやったとは思っていないけれど、これ以上親分に迷惑はかけられないから、潔く身を引こうじゃないか」というわけで、まさにヤクザの論理そのものです。
 今後、問題の全容を明らかにして説明責任を果たすことが必要でしょう。安倍首相は、小渕・松島両前大臣の辞任の際、「任命責任は私にある」と述べ、今回の西川辞任についてもそう発言しました。
 その「責任」をどうとるつもりなのでしょうか。それとも、「任命責任」を口にすることはその場しのぎのための「方便」にすぎないものなのでしょうか。

 首相自身のヤジと虚偽答弁の取り消しという問題も生じました。その内容もその後の居直りも一国の総理大臣としては見苦しい限りであり、一刻も早く首相の座を去ってもらいたいものです。
 安倍首相は西川農水相の献金問題に関して追及した民主党の玉木雄一郎議員の質問の際、「日教組はどうするんだよ」などとヤジを飛ばし、翌日の同委員会でこの問題をただした前原誠司議員に「なぜあの時、日教組といったかといえば、日教組は補助金をもらっていて、そして、教育会館というものがあるわけでありますが、教育会館から献金をもらっている議員が民主党にはおられて、それに対する質問をかつて我が党がした時に、『これは別の団体だから関係ない』というのが、当時の民主党の政府としての大臣が答弁した見解であったわけでありますから、それをどう考えるかという指摘をしたところでございます」と答弁しました。しかし、これは首相の思い違いであったため、「先般前原委員への私の答弁のなかで正確性を欠く発言があった」と長々と言いわけしたうえで、「遺憾であり、訂正申し上げる」と発言しました。
 その後も「遺憾」を繰り返す安倍首相に対して、民主党議員から「謝罪はしないということか」と迫られ、ようやく「教育会館に対して、私の申し上げたことで不快な念を持たれた方がいたとすればこれは申し訳ないという気持ち。教育会館、関係者に対して申し訳なかった」と謝罪しました。この間の安倍首相の対応は、根拠のないヤジや答弁を行い、それについて間違いを突きつけられてものらりくらりと言い逃れしようとする見苦しい姿であったと言わざるを得ません。

 「成功は失敗の元」だということなのでしょう。野党の不意を突いた解散・総選挙で、安倍政権は3分の2を上回る与党勢力を維持することに成功しました。
 しかし、それが失敗の元だったのではないでしょうか。「して、やったり」という思いが、知らず知らずのうちに安倍首相の「おごり」を強めてしまったようです。
 「イスラム国」(IS)による日本人人質殺害事件での大失敗にもかかわらず、そのことを隠ぺいして内閣支持率を上げることにも成功しました。それが安倍首相の「慢心」を招き、「政治とカネ」の問題の軽視、思わず口を突いて出たヤジ、きちんと事実関係を調べないまま憶測で口走ってしまった虚偽答弁などに現れたように見えます。

 おごりと慢心が下り坂へと安倍首相を導いていったということでしょう。「一強多弱」などと言われる勢力関係の国会内にこそ、首相のつまずきの石が転がっていたということになります。

 なお、拙著『対決 安倍政権―暴走阻止のために』(学習の友社)が、3月1日(日)に刊行されることになりました。来週には書店などにも並ぶでしょう。
 購入ご希望の方は、学習の友社http://www.gakusyu.gr.jp/tomosya.htmlに直接、ご注文いただくのが確実だと思います。定価は1300円+税となっています。

nice!(2)  トラックバック(0)