So-net無料ブログ作成

4月16日(月) 第33回ノーウォー八王子アクションでのスピーチ [挨拶]

 昨日、JRの八王子駅北口で、33回目になるノーウォー八王子アクションが実施されました。そこでスピーチを頼まれ、以下のような話をさせていただきました。
 参考のために、アップさせていただきます。

 昨日、国会前ではのべ5万人もの人々によって、安倍政権の総辞職を求める大抗議行動が実施されました。もはや末期症状を呈しているというのが、現在の安倍政権です。
 政治がよって立つ土台が崩れています。こんな政権、存続するのはどだい無理な話ではないでしょうか。
 政治を立て直すためには、安倍政権を打倒するしかありません。最近、『打倒 安倍政権』(学習の友社)という本を出しましたので、詳しくはそちらをご覧になっていただきたいと思います。

 さて、連日、マスコミで報道されている加計学園疑惑です。これについて首相官邸での会見記録が発見されました。
 昨年のうちに、和泉補佐官が「総理が言えないから私が言う」、内閣府の藤原さんが「官邸の最高レベルが言っている」、萩生田官房副長官は「総理は30年4月開設とお尻を切っている」と言っていたことが明らかになっています。そして今度は、柳瀬首相秘書官が「首相案件」だと発言したことが明らかになったわけです。
 もう、逃れられません。加計学園の問題は安倍首相と加計孝太郎さんの「悪だくみ」で、「首相案件」だったことは明らかです。

 他方、森友学園疑惑は「昭恵事案」です。籠池さんの国粋主義的な教育理念に賛同した昭恵さんが小学校用地の取得に肩入れし、8憶2000万円も値引きして1憶3000万円で販売しました。理由はゴミですが、それは100分の1しかありませんでした。
 モノの売買がなされるとき、普通は買う方がもっと負けてくれと言いますが、森友学園の土地取得の場合、売る方がもっと安くしようと言っていました。あべこべではありませんか。全く異常です。
 森友の背後に昭恵さんがいるということで官僚が忖度し、「全自動忖度機」が作動して大幅にディスカウントされたのです。スイッチを入れたのは昭恵さんでアッキーだ。だからこれは「アッキード事件」。
 どちらも、「安倍夫妻と不愉快な仲間たち」による政治の私物化です。国家犯罪だと言わなければなりません。

 裁量労働制でのデータねつ造も明らかになりました。森友決裁文書でも改ざんとねつ造が行われています。
 こうなってくると、安倍さんは名前を変えるべきではないでしょうか。「安倍晋三」じゃなくて「安倍ねつ造」と。
 南スーダンPKOやイラク派遣での日報隠蔽もありました。文民統制が効いていません。「戦争できる国」を作るため、専守防衛を転換するために「戦場の真実」を隠したのではないでしょうか
 加計学園疑惑、森友学園疑惑、働き方改革でのデータねつ造、自衛隊日報隠蔽と続いています。スリーアウトどころかフォーアウトです。とっくにチェンジしていなければなりません。

 まだあります。自民党議員と文科省による名古屋市の八王子中学校での前川さんの授業への圧力、放送法4条の廃止によるテレビへの介入の動き、おまけに渦中にある財務省のトップ、福田財務事務次官のセクハラ・スキャンダルまで明らかになりました。
 もうたくさんです。安倍首相はウミを出し切れと言っていますから、ウミがあることを認めているんです。
 しかし、安倍さん、ウミはあなただ。とっとと首相官邸から出ていきなさい。

 出ないなら追い出すしかありません。市民と野党の共闘の力で安倍内閣を打倒し、安倍首相を官邸から追い出しましょう。
 そして、一緒にこう言おうではありませんか。「安倍よアバヨ」と。

nice!(0)