So-net無料ブログ作成
検索選択

6月26日(月) 都議選で日本第一党の妨害に屈せず志位委員長の前座を務めた [選挙]

 東京では今、都議選が闘われています。この闘いに、私も参戦しました。
 昨日の八王子駅前の街頭演説で、共産党の志位委員長の前座を務めたからです。その後、八王子で立候補している清水ひで子さんと一緒に市内を周り、4カ所で応援演説をしました。

 6月23日から東京都議選が始まっています。昨日は最初の日曜日であり、7月2日の投票日前に選挙活動ができる最後の日曜日でもありました。
 この日の午後2時半から、JR八王子駅北口に共産党の志位委員長が清水ひで子候補の応援にやってくることになりました。その前座として、応援のスピーチをしてもらえないかという依頼があったというわけです。
 このところ、日曜日はほとんど講演などで予定が入っていましたが、さすがに都議選中は空いています。ということで、この依頼を快諾しました。

 私は昨年の1月、「無党派共同」の候補者として八王子市長選挙に立候補しました。この時、民主党は政党として支援してくれませんでしたが有田芳生参院議員が個人的に応援して下さり、維新の党、日本共産党、社会民主党、生活の党と山本太郎と仲間たち、生活者ネットなどからの支援を得ました。
 八王子の市議さんでは、維新の党、共産党、社民党、生活者ネット、無所属の市民自治の会などの皆さんに応援していただきました。八王子選出の都議では、無所属で都民ファーストの会の主要メンバとなった両角みのるさんにもお会いして支援を要請しましたが断られ、結局、応援して下さった都議さんは共産党の清水ひで子さん1人でした。
 政治はNGOだと、小林節さんは仰っています。Nは人情、Gは義理、Oは恩返し。ということで、今回は「浮世の義理」を果たして恩返しをするために、清水ひで子さんを応援することにしたわけです。

 すでに、これまでにも何回か応援演説をしてきました。しかし、今回は志位委員長がやってくるというわけですから、取り組む構えも、集まってくる人の数も段違いのものとなりました。
 私がJR八王子駅に到着した時には、すでに続々と人が集まり始めていました。宣伝カーの上では衆院選挙区での共産党予定候補である飯田みやこ弁護士(八法亭みややっこさん)が演説をしています。
 その向こうには日の丸を掲げた一団がいて、宣伝カーから大きな声での演説が流れてきています。八王子で立候補している日本第一党の候補者による妨害演説でした。

 この時の街頭演説の様子は、動画https://www.pscp.tv/I_hate_camp/1kvKpQebznDGEでご覧いただくことができます。昨晩の段階で、「妨害にも負けず毅然として演説を続けるが共感を呼び、驚きの8万3000(現時点)再生」ということですが、今ではもっと多くなっていることでしょう。
 まともに政策を訴えず、口汚く相手をののしり、ヘイトスピーチを繰り返すことが、選挙活動と言えるのでしょうか。選挙活動に名を借りた選挙妨害でしかありません。
 30人ほどの小さな集団でしたが、若い人の姿が目立ちました。偽情報を信じ込み憎悪に駆られて自らの未来を閉ざす可哀そうな人たちです。

 この日の街頭演説には1200人の方が集まって下さり、大きな盛り上がりとなって画期的な成功を収めました。これで勢いをつけ、清水さんには勝利を勝ち取っていただきたいと思います。
 地方選挙ではありますが、全国的な意義があります。アベ暴走政治に対する審判を首都で下すことになりますので、この選挙の結果はこれからの日本の進路を左右するでしょう。
 私もできるだけのことをしたいと思っています。全国の皆さんのご支援・ご協力をお願いする次第です。

nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。