So-net無料ブログ作成
検索選択

3月3日(金) まだある森友学園と「瑞穂の国記念小学院」に関わる疑惑の数々 [スキャンダル]

 さて、昨日の続きです。森友学園に関わる疑惑について、引き続きその闇を照らし、「ゴミ」を掘り出すことにしましょう。
 続きと言えば、前日に続いて昨日の午前9時から参院予算委員会で共産党の小池書記局長の質問があり、森友学園が鴻池参院議員に働き掛けるなど政治家への依頼があったこと、籠池理事長が財務局を訪問して面会していたことなどが明らかにされました。小池さんは、関係者への聞き取りなどの調査を行うことや口利きの働きかけがなかったか、自民党内で調査することを安倍首相に求めていましたが、このような聞き取り調査だけでなく財務省や国交省の関係者、籠池理事長、そして安倍昭恵さんの証人喚問を行う必要があります。

 ということで、前回に続く第4の疑惑は安倍首相夫妻との関係です。2015年9月4日に関係者の会談が開かれ、その前日に安倍首相が首相官邸で同郷の迫田財務官と会っていたこと、当日には安保法で緊迫して国会審議をサボって大阪に行ってテレビ番組に出演していたこと、翌日に昭恵夫人が森友学園経営の塚本幼稚園を訪れて講演し、新設される小学校の名誉校長への就任を承諾していたことは、すでに明らかになっています。
 昭恵夫人はこの問題が露見してから名誉校長を辞任していますが、いったんは引き受け、学校の権威付けや生徒の募集などに利用されていました。このような形で宣伝に力を貸したり広告塔として利用されたりしたことの責任をどう考えているのでしょうか。
 安倍首相は昭恵夫人について「公人」ではなく「私人」だとかばっていましたが、それなら「内閣総理大臣夫人」という肩書は何だったのでしょうか。また、講演料は受け取っていないと述べていましたが、もし受け取っていないのであれば「私人」である昭恵夫人がどうして講演料の受け取りを辞退したのか、説明していただく必要があります。

 参院予算委で民進党の舟山康江議員が示した塚本幼稚園の元保護者から入手した「PTAの収支決算報告書」には、「15年9月5日 首相夫人安倍昭恵先生」との記載があり、「社会教育費」として支出がなされた記録が残されています。実際には、支払われていたのではないでしょうか。
 また、2015年9月4日前後の動きについても、多くの謎があります。なぜ安倍首相はこのタイミングで大阪に出かけたのか、なぜ迫田財務官に会ったのか、その会談の内容はどのようなものだったのか、大阪で森友学園や関西財務局、大阪府の関係者などと接触していなかったのか、昭恵夫人の講演や名誉校長就任について知っていたのか、なぜ止めなかったのか、などについても説明が必要でしょう。
 さらに、一時、「安倍晋三記念小学院」設立の名目で寄付金集めがなされていたことも明らかになっています。もし、本人の了解なしにこのような寄付金集めがなされていたのなら、首相の名を騙った金集めということになり詐欺罪に該当する可能性があります。

 籠池さんとの関係についても、安倍首相は国会で面識は無いと答弁しましたが、籠池さんの方は『週刊朝日』3月10日号で、「5年ぐらい前にPTAの紹介で知り合った。首相になられる前で昭恵夫人と先に知り合って小学校の見学に来てもらい、住吉大社にもご一緒させていただいた。総裁選に出られなければ、安倍晋三記念小学校になっていたかもしれない」と語っています。
 これが事実なら、安倍首相は虚偽答弁を行ったことになります。実は、2012年9月16日には安倍さん自身が塚本幼稚園で講演する予定でした。
 しかし、ちょうどこの頃、自民党総裁選に立候補することになったために取りやめられています。少なくとも、講演を依頼されて引き受けるだけの関係が、これ以前にできていたということでしょう。

 もっと関係が深かったのは昭恵夫人の方でした。この方は塚本幼稚園が使っているテキストの発行元である鈴蘭会の名誉会長を務めています。
 また、分かっているだけで最低3回も塚本幼稚園を訪問しています。最初の訪問は2014年4月で、この時の様子は翌15年1月8日付の産経新聞ウェッブ版によって「昭恵夫人は昨年4月、同園の視察と教職員研修のため訪れたとき、鼓笛隊の規律正しいふるまいに感動の声を上げた。さらに、籠池園長から『安倍首相ってどんな人ですか?』と問いかけられた園児らが『日本を守ってくれる人』と答える姿を見て、涙を浮かべ、言葉を詰まらせながらこう話したという。『ありがとう。(安倍首相に)ちゃんと伝えます』」と報じられています。
 この時の詳しい映像がフジテレビFNNで放映されました。それは次のように報じています。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00351247.html

 2014年4月、森友学園が運営する幼稚園で、園児たちが、「日本国、日本国のために活躍されている安倍晋三内閣総理大臣を、一生懸命支えていらっしゃる昭恵夫人、本当にありがとうございます。ぼくたち・わたしたちも頑張りますので、昭恵夫人も頑張ってください」と話すと、安倍昭恵夫人は「感動しちゃいました」と話していた。
 子どもたちの言葉に、涙を見せる女性、安倍首相の妻・昭恵夫人。
 FNNは、2014年4月、昭恵夫人が、渦中の森友学園が運営する幼稚園を訪問した時の映像を入手した。その隣には、森友学園の籠池泰典理事長の姿もある。

籠池理事長「中国から、何? 言って」
園児「中国から鉄砲とかくるけど、ぜったい日本を守ろう」
籠池理事長「安倍総理大臣を応援してあげてくださいよ!」
園児「はい!」
昭恵夫人「ありがとう。おうちに帰って安倍総理大臣に伝えます。みんなを守りますように、みんながそう言っていたことを伝えます」
籠池理事長「うれしいですか?」
園児「はい!」
籠池理事長「『日本を守ってください、お願いします』と、昭恵夫人にきちんと伝えてください」
園児「日本を守ってくださいね」
昭恵夫人「ちゃんと伝えます。ありがとう」
昭恵夫人は、満面の笑みを見せた。
そして、子どもたちと集合写真を撮っていた。

 昭恵夫人の2回目の訪問は14年12月6日で、「ファーストレディとして思うこと」という講演が行われました。まさに5人の役人にかしずかれている「公人」としての講演でしたが、その時の講演料も辞退したのでしょうか。
 3回目は、すでによく知られるようになった15年9月5日の講演会です。これについて安倍首相は、講演の直前に「名誉校長になってください」と籠池理事長から頼まれ、断りきれなかったとし、「私の妻は名誉校長を嫌がったが強要されたんですよ」と答弁しています。

 一連の経過や安倍昭恵さんの発言を見れば、「嫌がったが強要された」という安倍首相の説明は真っ赤な嘘だということが分かります。事実、この塚本幼稚園での講演で昭恵さんは「籠池園長、副園長のほんとうに熱い熱い思いを何度も聞かせていただいて、この「瑞穂の国記念小学院」で何か私もお役に立てればいいな」と述べ、「普通の公立学校の教育を受けると、せっかくここ(塚本幼稚園)で芯ができたものが、(公立の)学校に入った途端に揺らいでしまう」と、ここでの教育を礼賛していました。
 また、Facebookでも「大阪の塚本幼稚園にて講演。園児達は大変お行儀が良く元気です。毎朝君が代を歌い、教育勅語、論語や大学などを暗唱」と報告した上で、塚本幼稚園のURLを貼り付けています。これは明らかに積極的な宣伝行為であり、この幼稚園に心から賛同し、相当の好意がなければ、このようなことは行わなかったはずです。
 つまり、昭恵夫人は戦前型の軍国主義教育という方針や教育内容に強く共感したために、籠池理事長からの名誉校長就任の依頼を喜んで引き受け、広告塔として一肌脱いだのです。安倍首相も同様で、「(森友学園の籠池泰典理事長は)私の考え方に非常に共鳴している方」「妻から森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」などと述べていましたが、このことを国会で追及され、道義的責任を問われたために前言を翻し、「嫌がったが強要された」という架空のシナリオをでっち上げて虚偽の答弁をしたということでしょう。

 この問題についての疑惑の「掘り起こし」は、まだ続きます。この間の検討で明らかになってきたのは、森友学園が前例を無視してまで異例なほど優遇され特別扱いされてきたという事実です。
 なぜ、そのようなことが起きたのか。明日は、この疑惑の核心に迫ってみることにしましょう。

nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0