So-net無料ブログ作成
検索選択

5月28日(金) 自民党が仕掛けた「時限爆弾」が爆発した [在日米軍]

 野に下る前に自民党が仕掛けた「時限爆弾」が爆発したということかもしれません。普天間基地移設問題という爆弾が……。
 でも、「5月末」という時間を設定して、スイッチを入れたのは鳩山さん自身です。それが、今日、爆発しました。
 米軍普天間飛行場移設問題に関する政府方針をめぐって、鳩山首相は署名を拒否して閣議を欠席した社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免しました。三党の連立はどうなるのでしょうか。

 結局、鳩山首相がアメリカとやり合うだけの勇気をもたなかったということでしょう。見通しもなく、信念もなく、そして勇気もなく……。
 ただ、思いつきでモノを言っていたということなのでしょうか。私も、裏切られたという思いで一杯です。
 首相としての資質を持たない者は、さっさと辞めるべきです。詐欺師が入るべきところは、首相官邸ではなく監獄です。

 信じるに足りない人物は、政治家としても失格です。「命を賭けて」と言っていたのですから、少なくとも議員を辞職するべきでしょう。
 「最低でも」と言っていた「県外への移設」を実現できなかった責任を取るべきです。それとも、「辺野古」が沖縄県から別の県に移るとでも言うのでしょうか。
 沖縄の人々の失望と怒りは、どれほど大きなものなのか。その悲しみと憤りを、鳩山首相は理解できるでしょうか。

 福島さんは、よく頑張ったと思います。更迭は、福島社民党党首にとって、政治家としての名誉であり、誇りとすべきものです。
 少なくとも、沖縄県民の願いを踏みにじることはなかったのですから……。自らの発言に従い、政治家としての信義を貫いたのですから……。
 福島さんが閣外に去る前に、鳩山首相は爪の垢でももらって、後で煎じて飲んだらいかがでしょうか。少しは、まともになるかもしれません。

 自民党の谷垣総裁は、またも鳩山政権を批判しています。でも、その資格があるのでしょうか。
 普天間基地の移設問題を解決できず、民主党に押し付けたのは自民党じゃありませんか。自分でも解くことができなかった宿題を押し付けておいて、「お前、ちゃんと解けないじゃないか」と文句を言っているようなものです。
 結局、自民党の案に戻ったわけです。「それで良かった」と腹の中で思っているのに、「それではダメだ」と言うのでしょうか。

 「寝た子を起こした」と、批判する人がいます。とんでもありません。
 沖縄の基地の現状は、「寝たまま」にしておいて良いわけがありません。普天間基地移設問題を沖縄にだけ押し付け、「寝たまま」にしてきた過去こそ、間違いだったのではないでしょうか。
 普天間基地の移設問題をここまで「起こし」、国民全体の問題として提起したのは、鳩山首相の迷走のお陰でした。でもそれは、あくまでも「怪我の功名」にすぎなませんでしたが……。

 鳴り物入りで「起こした」後に、「そっとお寝み」などと言っても、もう遅いのです。鳩山さんには、そのことが分かっていません。
 鳩山さんこそ、こうなったら「そっとお寝み」願うしかありません。国民の憤激が、これ以上高まる前に……。

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 8

西岡三郎

>福島さんはよく頑張ったと思います。更迭は福島社民党党首にとって、政治家としての名誉であり、誇りとすべきものです。

私は福島党首にたいして、このようなもろ手を挙げての評価はできないと思います。
この間に毎週二回の閣議があり、閣議の場で首相や官房長官などと討論を交わす機会はたくさんあったはずです。
また、福島氏にとって閣議の場こそもっとも肝心な主張の場であったのではないでしょうか。
しかし、選挙の際には民主党や連合に依存せざるをえない社民党の限界もあったかもしれませんが、あまり発言していたようには見えません。
そして、最後の局面になって「選挙での民主・連合依存」と「基地反対」という社民党の二面性の抱える矛盾があらわになり、福島氏罷免という結果になったと思います。
連合依存(労組依存)から脱却しない限り社民党の将来は厳しいと思います。


by 西岡三郎 (2010-05-29 15:02) 

わど

まだまだ先が。ここで諦める手はありませんよ。
山崎先生のブログ、「毒蛇山荘日記」からの引用になりますが、政府にブルドーザーや戦車で県民を轢き殺すほどの覚悟がなければ、建設の強行ができないくらい、抵抗を盛り上げる手が残っています。
もし抵抗が成功すれば、沖縄県民は、未来の日本を救うことになるかも知れません。というのは、この問題、どうやらドップリと日米関係に。奇妙なことに、対米の沖縄決戦論になってます。県民だけに負担を受け持たせて、心苦しいところ・・・。
by わど (2010-05-29 18:41) 

小川真一

福島さん、ホントに今回はよく頑張ったと思いますね。小林多喜二が政治犯として逮捕拷問死させられたのが、彼の名誉勲章である様に、彼女も政治史において偉大な勲章を残したと思います。

考えてみれば、罷免されるべきは最初の言葉を守れなかった鳩山首相のほうであるのに、最初の言葉をずっと守り続けている彼女が罷免されるって、逆でしょ? 沖縄の人に聞いてみれば、間違いなく「罷免されるべきは首相のほう」と答えると思いますよ。しかし、だからといって沖縄の人は「鳩山辞めろ!」とは言えないんですね。「鳩山さんが初めて基地の県外、国外移設を口にしてくれた」「鳩山さんが辞めたらもっと悪いよ」という気持ちがあるからなんです。何とも、沖縄の人に同情してしまいます。

福島さんに話が戻りますが、一年以上前から、きっこの日記で辺野古の基地建設に向けての反対運動が報告されていました。現地では作業員が基地反対派の水中のボンベの栓を閉めるなどの殺人未遂事件まで起きていることが写真入で報告されていましたが、福島党首はきっこの日記に辺野古の反対運動の人たちを応援するメッセージを送り続けていました。

これは彼女の本心だと思います。だからこそ、今回社民党幹部達は最初、彼女を説得して署名させようとしたのに、頑として彼女の意思を押し通したのだと思います。「沖縄の人を裏切るわけにいかない」と彼女が言ったのは本心だと思います。

ナンダカンダ言っても彼女は閣僚に居座りたいから、結局は民主党に従うよ、という意見が結構多かったのですが、それが「下司の勘ぐり」であったということになります
by 小川真一 (2010-05-29 18:53) 

うまい話はありません

>自民党の谷垣総裁は、またも鳩山政権を批判しています。でも、その資格があるのでしょうか。
 普天間基地の移設問題を解決できず、民主党に押し付けたのは自民党じゃありませんか。<
はっきりいって、あります。もともと賛成も反対もありましたが、辺野古で決定済みでした。13年間何もできなかったというのはナンセンスです。すでに環境アセスメントを済ませ、昨年末には着工予定でした。そして自民党が押し付けたのではありません。民主党が奪い取ったのです。できもしないくせに。選挙目当てで煽動して。今、民主党を応援した方々は反省すべきです。悪いことを良かったと言い換えることなく、頭を冷やすべきでしょう。
by うまい話はありません (2010-05-30 01:08) 

ガチ

私はこんな政権がこうなることは、はじめからわかってたし、
社民党も中身を見ずに今回のパフォーマンスだけで評価する国民の気持ちがわかりません。
呆れて物も言えませんね。
反省してくださいね?
by ガチ (2010-05-30 07:46) 

isao-pw大城 勲

私の見るところでは鳩山総理自身は今でも問題解決を諦めてはいないと思います。
残念なことに官房長官、外務大臣、防衛大臣、国土交通大臣及び政務三役らに実務能力が無く自民党政権時代に米国追従して来た官僚に対米交渉を委ねた事が失敗の原因です。
鳩山総理の思いは戦略無き理想論で対米交渉に臨む方法論に欠けていました。
閣僚も政務三役も困難な試練に挑む覚悟が無く官僚の言いなりで鳩山総理の挑戦を妨害する姿勢に終始しています。
彼等は元々が小沢一郎から鳩山由紀夫への代表引継には反対の立場ですから民主党内の勢力争いで小沢、鳩山の失脚を待って主導権を握ろうと虎視眈々と狙っているのです。
鳩山総理が社民党の福島党首の残留に拘った理由もそこに有ると思います。
小沢幹事長も身動き取れない現状では本腰を入れて対米交渉をするには参議院選挙を乗り切って内閣改造後まで待たなければと考えている筈です。
検察を筆頭とする官僚機構との全面戦争に勝利する事が前提ですが厳しい局面です。
失敗すれば民主党は分裂し自民党亜流の官僚支配体制に戻ります。

by isao-pw大城 勲 (2010-06-01 22:52) 

86daikou

中国 代行:http://www.86daikou.com
タオバオ:http://www.86daikou.com
タオバオ 代行:http://www.86daikou.com
taobao:http://www.86daikou.com
taobao代行:http://www.86daikou.com
中国オークション:http://www.86daikou.com
中国 仕入れ:http://www.86daikou.com
淘宝網:http://www.86daikou.com
by 86daikou (2012-11-19 12:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0